第2回公開講座のお知らせ

|(申し込み状況 11月28日 午後  8時 現在 9名           
|                                               
|    参加申込受付を開始します。右カラムよりお願いいたします。
|
|    十分余裕がございます。
|
|    まだ,受講票の送付の手続きは行っておりません。   
|      
|
|        
|       
|      
|                       
  





日本臨床発達心理士会茨城支部 主催平成30年度 第2回公開講座

 (第3回資格更新研修会)の詳細が決まりましたのでお知らせいたします。

 今回の公開講座は,臨床発達心理士会員の方並びに非会員の一般の方

 ともご参加いただけますが,参加の要件がありますので,ご確認ください。

 

 参加申込をされて,定員に余裕がある場合でも,参加要件を満たさな場合は

 ご参加いただけませんので,ご注意ください。


         発達性デスレクシアの検査法とその支援

《企画趣旨》 今回の研修会は「読み書きの障害のある子どもの支援方法の最前線」の
        アドバンス研修会です。文字習得に必要な認知能力を測定する検査法を
        学びます。その上で、検査の実施と解釈、指導法について具体的に学び
        ます。

《日時》 ●1日目 2019年1月14日(月・祝) 13:00〜17:00
            (会場)茨城県県南生涯学習センター 小講座室
           〒300-0036 茨城県土浦市大和町9-1 ウララビル5階
           アクセス)   JR常磐線土浦駅西口から徒歩1分。
                    ペデストリアンデッキで駅から直結
          常磐自動車道土浦北I.C、及び桜土浦I.Cから車で約15分

     ●2日目 2019年2月2日(土) 13:00〜17:00
         (会場) つくばイノベーションプラザ 大会議室
         〒305-0031  茨城県つくば市吾妻1-10-1 つくばセンタービル
          アクセス)   TXつくば駅から徒歩で5分

《講師》 筑波大学 人間系 教授 宇野 彰 先生

《スケジュール》
          ●1日目 1)文字習得に必要な認知能力を測定する検査法の講習

             2)受講者による ひらがな、カタカナ1文字検査用刺激の作成

                 ※検査課題が出ます。2日目までに検査を実施してきてください。

          ●2日目 3) 1日目の受講者が実施した検査結果の解釈

             4) 指導法の講義

《受講資格》
     以下の条件を全て満たす方
      ① 日本臨床発達心理士会茨城支部主催研修会「読み書きの障害のある子どもの支援方法の
           最前線(2016年10月16日/茨城県県南生涯学習センター)」の参加者

      ② 両日参加可能者

      ③ 1日目の課題(検査)実施可能者


《取得ポイント》

      ○1月14日,2月2日の両日の参加で2.5ポイント取得できます。

        ※片方だけの参加では,ポイントの取得はできません。

《お申し込み》
      受付期間:2018年11月14日(水)〜12月14日(金) 先着40名

      ※本ホームページ右カラムより申し込みください。

      ※参加の可否は、受講条件を確認し、

       2019年12月29日(土)までにメールにてご連絡いたします。

| 公開講座 | 09:47 PM | comments (0) | trackback (x) |

NEWEST / PAGE TOP /   

  

COUNTER

  


ARCHIVES

<前月 2018年11月 次月>
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

CATEGORIES

LINK

OTHER

  • 管理者ページ
  • RSS 1.0
  • 処理時間 0.16071秒
  • アドビリーダーが必要です。下記からどうぞ    
    アドビリーダーが必要です。ここ    

UPLOAD

POWERED BY

BLOGNPLUS(ぶろぐん+)